乾燥肌とべたつき

乾燥肌とべたつき

肌がべたつきやすいと、乾燥肌とは無縁であるように感じてしまうものです。しかし、肌がべたつきやすいからといって、乾燥肌ではないと言い切ることはできません。

 

なぜなら、過剰に皮脂が分泌されている場合、肌の内側がカラカラに乾いている状態となっており、表面的には分かりづらいインナードライとなっている可能性が高いからです。

 

肌の内側が乾燥していると、どんなに表皮が皮脂でテカっていても、よりたくさんの皮脂を分泌させて、肌を防御しようと活発に活動するようになります。

 

このようなインナードライになってしまった場合、どのように対処していけば良いのでしょうか。まず、真っ先に取り組まなければならないのは、肌の保湿です。

 

肌の表面上は皮脂が大量に分泌されていますので、肌の保湿は不要であるように見えてしまいます。しかし、肌の内側は乾燥しているわけですから、しっかりと保湿対策をしなければなりません。

 

また、化粧水などを使用して肌の表面だけ潤わせても、肌の奥にある真皮にまで水分が行き渡らないと、保湿したとはいえないでしょう。
つまり、肌の機能性を高めて、水分を保持できる肌作りをする必要があるのです。

 

肌の保湿力を高めるためには、細胞間脂質の量を増やすことがポイントとなります。セラミドを多く取り入れることによって、徐々に量を増やしていくことができますので、乾燥肌専用のクリームを用いるなどして保湿力を高めるようにしましょう。保湿クリームには様々な種類がありますが、肌のテカリを抑制したいのであれば、サラっとした使用感の商品を選ぶことをお勧めします。