見落としがちな爪の乾燥について

爪の乾燥トラブルは、いざ何らかの症状が表れない限り見過ごされてしまうものです。例えば爪が割れたり、誰が見ても分かるほど爪に白い縦ジワができたりすると、かなり乾燥が進んでいると判断して間違いありません。

 

なぜ、爪は乾燥してしまうのでしょうか。女性の場合、ネイルを楽しんだりするケースが多いため、水分が奪われてしまったり、ついつい負担が掛ってしまって爪が脆くなることがあるといえます。

 

また、除光液によって爪が弱くなっていき、次第に乾燥して割れてしまうこともあるでしょう。他には、毎日のように食器を洗っていたりすると、洗剤に負けてしまって爪の水分が蒸発し、乾燥することもよくある話の中の1つです。

 

水仕事用の手袋を着用すれば、急激に爪が乾燥する心配はないですが、あくまでも対処療法であるため根本的な解決にはなりません。それから、過剰なダイエットによる栄養不足も、特に若い女性に見られる症状の1つです。

 

このように、一言で爪の乾燥といってもいくつかの理由があるのですが、対策方法としてはこまめに爪のケアを行うしかありません。ハンドクリームだと、思うような効果が得られないことがあるため、セラミドやコラーゲンなどの潤い成分が配合された保湿クリームを使用してみましょう。

 

指先はあらゆるものを触ることから、皮脂が奪われやすい部位ですので、こまめに保湿することがポイントとなります。寝る前などにしっかりと塗り込んでおくと、症状が回復しやすくなるでしょう。