膝の乾燥肌トラブルケア方法

いつの間にか膝が黒ずんでいたり、角質化して硬くなっていたことに気がついたという女性は多いものです。若い頃は代謝が活発になっていますので、多少角質化しても自然と剥がれ落ちたものですが、年齢を重ねていくとそうはいかなくなります。

 

また、女性の場合は、お洒落のためにスカートを履くなどしてひざを出す機会がありますので、膝の乾燥肌対策には力を入れておきたいところでしょう。

 

膝は皮脂や汗の分泌量が少ない部位ですので、乾燥を招きやすくなっています。また、膝を床についたりすることで、摩擦が生じてしまって角質が硬くなり、より乾燥が進んでしまうことがあるのです。

 

お風呂上がりに全身用の保湿クリームを使用して、膝の乾燥を防ごうとする人がいますが、角質ケアを行わずに保湿しようとしても意味がありません。

 

なぜなら、古い角質が邪魔をして有効成分が浸透しないからです。そのため、お風呂へ入った際に、角質を十分柔らかくした上で優しく角質を剥がすようにしましょう。

 

スクラブ剤を使用すると、比較的簡単に取り除くことができるはずです。回数としては、月に1回から2回程度で十分でしょう。すべての角質を取り除いてしまうと、乾燥肌が悪化してしまいますし、角質が更に分厚くなる恐れがあります。

 

そのため、あくまでも硬くなった古い角質だけを取り除くようにし、すべての角質を取り除かないようにしましょう。そして、お風呂から上がったら、入念に保湿クリームを使用します。

 

保湿は毎日行っても問題はありませんが、最初に古い角質を取り除いてから、保湿クリームを使用するというところがポイントとなるでしょう。