年代ごとで乾燥する部位は変わる?

年代ごとで、乾燥する部位は変わるのでしょうか。結論からいいますと、乾燥しやすくなる部位は年々変化していくものです。そのため、適切なスキンケアを行う必要があるでしょう。

 

年齢と共に乾燥しやすくなるのは、口元や目元です。肌がごわごわし始め、ちょっとした空気の乾燥であってもシワになったりシミが出来たりし始めます。

 

それに伴って、乾燥が進んで粉を吹くこともあるでしょう。基本的には、十分に保湿をしていくことになりますが、保湿クリームを使って肌を内側から潤わせることもポイントとなります。

 

また、肌の代謝機能が衰えてしまい、血行も滞るようになりますので、ヒアルロン酸やコラーゲンを積極的に摂取していくことも重要となるでしょう。一緒にセラミドを取り入れると、肌の奥にある真皮から潤わせていくことができるはずです。

 

尚、肌の乾燥と成長ホルモンの分泌量には、あらゆる関連性があります。加齢と共に成長ホルモンの分泌量が減少していくと、ターンオーバーが乱れやすくなり、乾燥の原因となるのです。

 

成長ホルモンは、就寝中に分泌されますので、就寝してから3時間の間に深い眠りにつくことができるよう、寝具の素材などにも気を配るようにしましょう。

 

正しいスキンケア方法を取り入れることができれば、年齢を重ねても若くてツヤツヤした肌を維持することができます。肌の保湿力を高めることは、結果としてアンチエイジングにもつながりますので、積極的に取り入れるようにしましょう。