夏の乾燥肌対策方法

夏の乾燥肌対策方法

日本の夏は、湿度が高いといわれています。そのため、乾燥肌とは無縁の季節のように捉えられがちですが、実は非常に肌が乾燥しやすい季節なのです。今回は、夏の乾燥肌の原因について取り上げながら、具体的な対策方法をご紹介していくことにしましょう。

 

夏に発生する乾燥肌の原因は、以下の3つです。エアコン、入浴回数の増加、紫外線です。まずエアコンですが、夏場は室内でエアコンを使用する機会が増えます。すると、空気が乾燥して肌から水分が蒸発してしまうのです。

 

2つ目の入浴回数の増加ですが、これは多くの人が経験済みでしょう。汗によって肌がべたつきやすくなるため、シャワーを浴びる機会が増えます。皮脂膜をすっかり洗い流してしまい、肌の乾燥を招くのです。

 

3つ目の紫外線ですが、紫外線は肌をダイレクトに傷つけます。すると、肌のバリア機能が低下し、肌の水分が蒸発しやすくなるのです。では、どのようにして対策していけば良いのでしょうか。

 

まず、エアコンによる乾燥肌の場合、部屋の湿度を調整することがポイントとなるでしょう。湿度を保つことができれば、ある程度肌の乾燥を防ぐことができます。

 

次に入浴回数ですが、汗を洗い流す程度ならばさっとぬるま湯で流すだけで十分です。ボディーソープや石鹸の使用は、できるだけ控えるようにしましょう。

 

最後の紫外線による乾燥肌の場合ですが、日焼け止めを使用しつつ普段から保湿クリームを使用するようにします。セラミド配合の保湿クリームであれば、肌のバリア機能を回復させる効果がありますので、肌へのダメージを最小限に食い止めることができるでしょう。