すねの乾燥肌トラブルケア方法

すねの乾燥肌トラブルケア方法

すねの乾燥肌トラブルは、30代から40代にかけて増えるトラブルの1つです。全体の約8割程度の人が、何らかの形ですねの乾燥肌に悩まされたことがあるといわれています。

 

なぜ、すねは乾燥しやすいのでしょうか。それは、普段動かすことのできない部位であり、皮脂の分泌量が少ないからです。すねがかさついてくると、粉を吹いてしまったり、皮膚がひび割れたりするようになります。

 

その結果、角質がめくれ上がって、どんどん水分や皮脂が放出されてしまうのです。痒みを伴ったり、炎症が起こる前にケアをしないと、最悪の場合は皮膚炎を発症してしまうことがあります。

 

では、具体的にどのようにケアをしていけば良いのでしょうか。まず一番最初に取り組みたいことは、肌のバリア機能を回復させることです。ただ単に保湿するのではなく、肌のバリア機能の要である細胞間脂質の量を増やすようにします。

 

セラミドが配合された、乾燥対策用の保湿クリームを用いると、細胞間脂質を増やすことができるでしょう。なぜなら、細胞間脂質の主要成分はセラミドだからです。

 

また、女性の場合は、すねの無駄毛処理を行うことがありますので、入念に保湿することがポイントとなります。白く粉を吹いてしまう前に、乾燥してることを感じたら保湿クリームで肌を保護するようにしましょう。

 

早めに対策を行うことで、乾燥肌の進行を止めることは十分可能となります。お洒落を楽しむためにも、すねの乾燥肌対策はしっかりと取り組みたいものです。