冬の乾燥肌対策方法

冬の乾燥肌対策方法

冬の乾燥肌を乗り越えるためには、原因について把握することが重要となってきます。その上で、正しい対策方法を取り入れるようにしましょう。

 

冬の乾燥の原因は、外気の乾燥や暖房の使用にあります。外気の乾燥は致し方ないものですが、暖房の使用に関しても寒さを凌ぐために必要不可欠なものであるため、使用しないわけにはいきません。

 

そこで重要となるのが、部屋の中の湿度です。湿度が70%近くなると、ダニの発生やカビの発生、ウイルスの増殖が見られるようになるため、60%程度の湿度に保つことが重要だと言われています。

 

肌感覚で確認することは難しいですので、湿度計を使用するようにしましょう。加湿器を用いるのも一つの方法です。それから、冬は厚着をしがちですが、化学繊維などの素材は、乾燥した肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

特にセーターを着る機会が多い人は、中に綿のTシャツを着るなどして、肌を守るようにしましょう。綿の素材で出来ていても、ジーンズのような硬い素材だと、やはり肌を傷つけることになります。そのため、できるだけ柔らかい素材のものを身につけるようにしましょう。

 

また、保湿クリームを塗って、肌の乾燥を予防することも重要となります。セラミドが配合されている保湿クリームであれば、肌の保護機能を高めることができますので、毎日使用したいものです。

 

保湿ばかりに気を取られがちですが、肌のバリア機能を高めることも重要なポイントだといえます。どちらか1つが欠けてしまうのではなく、両方を取り入れるようにしましょう。