全身保湿のコツとは

全身保湿のコツとは

身体全体を保湿するには、ちょっとしたコツがあります。今回は、3つご紹介していくことにしましょう。1つ目は、お湯の温度を低めに設定して入浴することです。寒い冬の時期は、ついお湯の温度を高くしてしまいがちですが、肌の乾燥を進行させてしまします。

 

そのため、最大でも39度までにして入浴するようにしましょう。そうすることで、必要最低限の脂質だけ洗い流すことにつながり、肌の潤いを保つことができます。

 

2つ目は、保湿効果の高い入浴剤を使用することです。日本酒が配合された入浴剤は、保湿効果が高く肌がすべすべとなります。また、お風呂上がりの後も湯ざめしにくくなることから、快眠につながるでしょう。

 

高価な入浴剤を使用する必要はありませんが、いくつか試してみることでお気に入りの入浴剤が見つかるはずです。最後の3つ目は、お風呂から上がる前に保湿をすることです。できれば、お風呂場から出る前に保湿するようにしましょう。

 

なぜなら、湿度の高いお風呂から脱衣所に出た段階で、急速に肌から水分が奪われるからです。それが、お風呂場の中で保湿クリームなどを使用することで、肌から水分が蒸発することを防いでくれます。

 

以上が全身保湿のコツですが、すべて入浴に関わる内容となっていることが分かるでしょう。それだけ入浴の方法を見直すことは重要であり、肌の乾燥を防ぐことができるということになります。早速できることから取り入れつつ、乾燥肌対策を行うようにしましょう。