乾燥肌はどのくらいの期間で治る?

乾燥肌はどのくらいの期間で治る?

毎年決まった季節になると肌が乾燥してしまったり、慢性的な乾燥肌で悩んでいる場合、何とかして乾燥肌を解消したいと考えるものです。本格的に乾燥肌の改善に取り組んだ場合、どのくらいの期間で治すことができるのでしょうか。

 

結論からいいますと、乾燥肌の症状がどの程度進行しているかによって、完治するまでに掛る期間は異なってきます。初期段階のものであれば、1週間程度ケアを続けていけば解消されていくものですし、重度の乾燥肌の場合は通院する必要が出てくるため、それだけ期間も長くなることがあるでしょう。

 

できるだけ早く、乾燥肌を解消したい気持ちは分かりますが、即効性を求めて強い薬を使用しても、根本的な解決には至りません。一番重要なことは、ターンオーバーの周期を整えて、肌の保湿力を高めることなのです。

 

ターンオーバーは、通常28日周期となっています。角質がめくれている状態になると、ターンオーバーの周期は早くなるため、不格好な角質が積み重なってボロボロの肌状態となるものです。

 

また、新しい角質層が出来上がっても、完全に成長してから表皮に表れるわけではない為、ちょっとした刺激に弱く乾燥しがちとなります。このような状態から乾燥肌を治すとなると、最低でも数ヶ月はかかってしまうことでしょう。

 

乾燥肌は、放置せずに早めに対策を施していくことが大切だといえます。即効性を求めるのではなく、保湿クリームを使用して肌の保湿力を高めながらターンオーバーを正常化させるようにしましょう。