乾燥肌の人が発症しやすい疾患とは

乾燥肌の人が発症しやすい疾患とは

乾燥肌の人が発症しやすい疾患として、特に注意したいのは皮脂欠乏症皮膚炎や皮脂欠乏症湿疹です。いつもの乾燥肌だと勘違いして、そのまま放置してしまうことは危険ですので、早めに医師の診察を受ける必要があるでしょう。

 

それぞれの疾患の原因、治療方法について解説していくことにしましょう。まず原因についてですが、皮脂欠乏性皮膚炎と皮膚欠乏症湿疹は、共に皮脂の分泌量が減少し、肌のバリア機能が低下することが起因となっています。

 

皮膚が擦れるなど、ほんの少しの刺激で肌が傷つき、痒みが発生してしまうのです。健康な肌であれば、多少の刺激が加えられてもバリア機能が肌を守ってくれるのですが、そのバリア機能が健全に機能していないことから、角質がめくれ上がり水部や皮脂が欠乏していきます。

 

特に冬に症状が現れますので、保湿クリームなどでバリア機能を回復されることがポイントとなるのです。次に治療法についてですが、なんといっても皮脂量と肌の水分量を減少させないことが先決となります。

 

保湿力が高い化粧水を使用したり、保湿クリームを使用することで、肌のバリア機能を回復されることができ、肌の保湿力が高まっていくでしょう。

 

また、外気に肌が触れている時間が長い場合は、こまめに保湿クリームを使用して肌の乾燥を防ぐことが重要となります。部屋の中に加湿器を置いて、湿度を保つことも肌の乾燥を防ぐことにつながるでしょう。ただし、あまりにも症状が進行してしまった場合は、医師の指示に従って疾患の治療にあたることが重要となります。