乾燥肌によるひび割れは治るのか?

乾燥肌によるひび割れは治るのか?

肌の乾燥が進行すると、皮膚がひび割れるようになります。肌の内側が極度に乾燥することで、ひび割れが発生するのですが、自力で治すことはできるのでしょうか。

 

結論からいいますと、ひび割れを治すことは可能ですが、繰り返してしまう恐れがあります。そのため、肌の内側からしっかりと保湿をして、皮脂の分泌量を増やしていく必要があるでしょう。

 

そこでポイントとなるのが、細胞間脂質です。細胞間脂質とは、肌の内側に存在する脂質の一種のことを指しています。肌の水分量を一定に保つために重要視されており、水分を取り囲むようにして、肌から水分が蒸発することを防いでいるのです。

 

ターンオーバーが正常な周期となっていると、角質層が綺麗に並ぶのですが、細胞間脂質が肌細胞を隙間なく埋め尽くしてくれるため、多少のダメージを受けても肌の水分量を保つことができます。

 

また、皮脂腺から分泌された皮脂は、汗と合わさるとクリーム状となり、肌のバリア機能として働いてくれるのですが、ひび割れている状態のときはバリア機能が作動していません。

 

皮脂そのものの分泌量が少なくなっていますし、細胞間脂質の量も極端に減少しているため、肌が無防備な状況となりひび割れが進んでしまうのです。

 

そのため、十分な保湿をすることは勿論のこと、セラミドを取り入れながら肌のバリア機能を回復させることが重要となります。ハンドクリームを使用する方法もありますが、セラミドが配合されている全身用の保湿クリームを使用しても良いでしょう。